九条俳句訴訟も大詰めを迎えています。専門家意見書提出、証人尋問という新たな段階について広くその内容を共有し、あらためて本件訴訟の意義を確認するとともに、各地で頻発する類似の諸問題の報告を受け、公民館・社会教育施設をめぐる課題を明らかにするため、公開シンポジウムを開催します。多くの方々のご参加をお願いいたします。

日時:2017 年3 月19 日(日)開場12 時、開会13 時、閉会16 時50 分
場所:さいたま市民会館おおみや・小ホール
費用:資料代450 円
主催 :埼玉社会教育研究会 (代表 安藤聡彦埼玉大学教授)
共催 :「学習の自由と公民館」に関する教育研究団体等連絡会議
(日本社会教育学会、日本公民館学会、社会教育推進全国協議会、社会教育・生涯学習研究所)
協力 :「九条俳句」市民応援団

詳しくは⇒コチラをご覧ください。